治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

新着情報

WHAT’S NEW

    • ドライアイ(目の乾き)のある方にご協力いただく目薬の治験で、参加者の募集が開始されました。

Mar

3

2023

ドライアイ(目の乾き)のある方にご協力いただく目薬の治験で、参加者の募集が開始されました。

「ドライアイ(目の乾き)のある方にご協力いただく目薬の治験」

詳細はこちら

 

ドライアイの症状を悪化させる3つの「コン」。ひとつ目はエアコン。ふたつ目はコンタクトレンズ3つ目はコンピュータ
エアコンの乾いた低湿度の風邪は涙を蒸発させ、目にあまりよくありません。
コンタクトレンズはレンズの表と裏と角膜上の涙を2層に分けてしまうため、通常よりも涙の層が薄くなるため乾燥しやすくなるそうです。
コンピュータやタブレットなどのモニターを長時間見続ける作業は、まばたきの回数を減らすため、目が乾燥しやすくなります。

 ドライアイの症状は、目が疲れる、目が重たい、目がショボショボ・ゴロゴロする、目を開いているのがつらい、目が痛い、充血する、見えにくいなどが挙げられます。

 パソコンやスマートフォンを使用する機会が増えて、集中して目を使う機会が増えたことが、ドライアイが増加している大きな原因と言われていますが、加齢も原因のひとつです。

 特に女性は40代以降、潤いホルモンとも呼ばれる女性ホルモンの分泌が減少するのに伴い、全身症状として乾燥が進行する「ドライシンドローム」が現れやすくなります。
ドライアイもドライシンドロームのひとつと言われており、症状は目の乾燥によるパサパサ、ゴロゴロするといった違和感、疲れや痛みなど、さまざまです。ひどくなると頭痛や吐き気に悩まされるケースもあり、日常生活に支障があるほど深刻な症状が出る場合もあります。目の不調を感じたらまずはお近くの眼科に相談してみましょう!

 

全国各地で治験実施
「ドライアイ(目の乾き)のある方にご協力いただく目薬の治験」

詳細はこちら
Index
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • 1回の採血で多くのがんをスクリーニングできる血液検査
  • 新型コロナに関する治験について詳しくはこちら
Top
肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございますボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?