健康と創薬を考える NEW-ING

新着情報

WHAT’S NEW

Dec

9

2020

5

先日、子宮内膜症の治験に参加しました。
最初はホームページを見て、
「ボランティアと書いてあるけれど、もし自分の体に後遺症が残ったら、、、。」
と、怖いという気持ちがありました。
思い切って電話をしてみたトコロ、事前健康診断でとても良く説明をしていただいて、安心して治験に参加することができました。
家族に話したところ「自分で納得しているなら。」と賛成してくれました。
入院中は看護婦さんやお医者さん等とても楽しく会話ができ、他のボランティアの方ともとても仲良くできたのでなんだか修学旅行のような入院期間だった、とても楽しい時間を過ごすことができた、と思っています。
入院中、診察以外の時間は皆でテレビや映画、ゲーム、読書などユックリと過ごせたと思います。
病院内にいろいろな物があったので、退屈することなく無事に過ごせました。
少しでも役立てたという嬉しさと、なかなか自分の時間を取れない毎日に、休息時間をいただいたような充実感。
これからの私にとって、とても大きな時間をいただいたと思っています。
また機会があれば、参加したいと思っています。
本当に有難うございました。

Index
Top