治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ボランティア会員様からの声

VOICES FROM VOLUNTEERS

体験談232

子宮内膜症の治験に参加しました

東京都大田区在住

56才 女性

もう、10年は経ちますが、閉経が近付き生理がとても不安定になりました。
かつ、生理痛と出血量が増え日常生活に支障をきたしていました。そんな中、たまたま治験の内容(子宮内膜症)が合致し参加させて頂く運びとなりました。
通院した婦人科はとてもきれいで、女医さんの対応も柔らかく親切。治験と言う認識を忘れる程でした。
何より症状が治まっていくのが目に見えて分かり、生活のクオリティーが回復しました。
治験は確実とは言えないかもしれませんが、新しい治療薬の為にも必要で有り、そこにはその症状に合う患者が必要で有ることは間違え無いと思います。
私は良い結果となり終了だったので、余計かもしれませんが、社会貢献でも有ると感じていますし、そこに謝礼と言う形で示して頂ける事に企業様の何よりの新薬への深い思いを感じます。
機会が有れば又参加したい気持ちです。

  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • 1回の採血で多くのがんをスクリーニングできる血液検査
  • 新型コロナに関する治験について詳しくはこちら
Top
肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございますボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?