治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ボランティア会員様からの声

VOICES FROM VOLUNTEERS

体験談220

今回の治験は喘息薬だったので吸引薬でした。

東京都小平市在住

61才 男性

治験を始めたきっかけは、協力金を頂きながら病気に苦しむ人の役に立てる、と言う事でした。コロナ後遺症も落ち着いたら2022年1月頃でした。登録していた治験コーディネーターHPに比較的住まいに近く自身の病状に合う治験を見つけ応募しました。折り返し連絡が有り治験の条件に合致する為に3月より開始となりました。最初は指定されたクリニックで健康診断、血液検査を行い本治験開始です。月平均2回の通院が約10ヶ月続きました。治験の内容としては毎日の薬服用(今回の治験は喘息薬だったので吸引薬)、貸与されたスマホでの服薬前後の体調報告と服薬を知らせました。通院時の必要時間は早い時で3時間、長い時で5時間程掛かりました。
担当者、医師の対応も良く時間変更の申し出にも対応してもらえました。
機会があれば又治験に応募してみたいと考えています。

  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 会員向けメルマガバックナンバー会員向けメルマガバックナンバー
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • ボランティア募集キャンペーンボランティア募集キャンペーン
  • ChivonetChivonet
Top
ボランティア会員募集中ボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?