治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

会員向けメルマガバックナンバー

WHAT’S NEW

May

1

2024

アトピー性皮膚炎の外用薬の治験 <東京・千葉・大阪>
ぱせり

スタッフ名:ぱせり

子どもの頃にアトピー性皮膚炎にかかり、ほとんど治っていたのに成長してから再発した、あるいは成長しても治らないという患者数は増加傾向にあり、大人になってからの方が症状がひどいという方もいるようです。

大人になってもアトピー性皮膚炎が治りにくいケースでは、ストレスが悪化の大きな要因と言えるのだそう。

ストレスが長引くと免疫系や内分泌系、神経系のバランスが崩れ、アトピー性皮膚炎を起こしたり、悪化させます。

また、ストレスによって症状が悪化し強いかゆみを感じて掻いてしまうと、それ自体が肌への刺激となり、更にかゆみが増すという悪循環に陥ります。

ストレスを完全に無くすことは難しいですが、気持ちや体をゆっくり緩めてリラックスできる時間を作りたい・・・・・

ここから先は、ホームページ公開不可の「ボランティア会員」限定公開情報です。
「ボランティア会員」様へは5/01にメールで配信しています。

1分で完了!完全無料の「ボランティア会員」登録はこちら

「ボランティア会員」に登録すると次回の配信メールから「ボランティア会員」限定の最新詳細情報をお読みいただけます。

Index
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 会員向けメルマガバックナンバー会員向けメルマガバックナンバー
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • ボランティア募集キャンペーンボランティア募集キャンペーン
  • ChivonetChivonet
Top
ボランティア会員募集中ボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?