治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ボランティア会員様からの声

VOICES FROM VOLUNTEERS

体験談90

治験の説明会に行くまでは、説明会の内容次第で治験参加を辞退することも考えていました

横浜市在住

33才 男性

説明会に行くまでは、新薬の安全性への不安がとても大きく、説明会の内容次第で辞退することも考えていました。しかし、試験に用いる薬の量よりもずっと少ないことと、副作用のない薬はないので、何かしらの影響があっても、医師がすぐに対応してくれるということで、参加することにしました。
実際に参加してみると、自由時間も多く、携帯電話には制限があるものの、外部の人との連絡も日常とそれほど変わらずとれたのは助かりました。食事の面でも普段一人暮らしで食べているものより体に良いものをとれたのでよかったです。
新薬が世に出るための貢献ができて、将来の患者さんの治療に役立つと思うと、とても意義のある活動だと感じます。ありがとうございました。

  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • 1回の採血で多くのがんをスクリーニングできる血液検査
  • 新型コロナに関する治験について詳しくはこちら
Top
肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございますボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?