治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ボランティア会員様からの声

VOICES FROM VOLUNTEERS

体験談209

治験経験者ですが、治験で今回初めて副作用による体調不良。でも治験終了後にはアフターケアーもあるので安心

京都府京都市在住

63才 男性

糖尿病の新薬(GLP-1系?)の治験に参加しました。
薬の量を増やしながら2週間毎に5日ほどの入院で血液検査などを行って経過観察の治験です。
入院時は1日中ベッドでゴロゴロ、楽しみはカロリー計算された食事ですがなかなか美味しかったです。
毎日4~5回の採血もありましたが、慣れると痛みもすくなく「慣れるんだ~」と驚きも。ただ、薬の副作用で食欲減退で最初の一月で5キロの減量、薬の量が増えると食事が食べれなくなり嘔吐も…。看護師さんが食べるようにと唯一食べられるパワーバーなどを差し入れてくれるも最後は失神で治験終了。
他の治験にも参加してましたが初めての副作用による体調不良でした。
治験終了後にはアフターケアーもあるので安心です、金銭的にもです。

  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • 1回の採血で多くのがんをスクリーニングできる血液検査
  • 新型コロナに関する治験について詳しくはこちら
Top
肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございますボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?