治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ボランティア会員様からの声

VOICES FROM VOLUNTEERS

体験談197

治験に参加することができて、本当に良かった

東京都墨田区在住

33才 男性

治験に参加することができて、本当に良かったと思い、この文章を書いております。

治験に参加するにあたり、新しい治療法や薬の開発に貢献できることへの期待と、初参加の緊張が入り混じっていました。最初のステップは、詳細な説明と検査でした。治験コーディネーターの方や、医師が治験の目的、進行方法、リスクや利点について詳細に説明してくれました。

治験が進行する中で、毎回の診察や検査に参加することになりました。治験薬や治療法の影響を確認するための検査や質問事項に対する回答を提供することが求められ、参加することで、健康状態を詳細にモニタリングでき、専門家のアドバイスも受けられました。

治験の期間中、様々な感情(プラセボだった場合の不安など)が入り混じりましたが、その中で医療の進歩に貢献できることへの誇りや、自身の健康に対する深い理解が得られました。また、治験コーディネーターの方々や医療施設の方の助けで、任意での参加でしたが、今回治験に参加して良かったと思っています。

  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • 1回の採血で多くのがんをスクリーニングできる血液検査
  • 新型コロナに関する治験について詳しくはこちら
Top
肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございますボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?