治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ボランティア会員様からの声

VOICES FROM VOLUNTEERS

体験談186

日本国民も、諸外国に負けないよう献血レベルで治験に協力する文化になるようにと願う

兵庫県多可郡在住

52才 男性

コロナ感染者の治癒後なんらかの違和感、微症状が残った人に対する治験モニターでした。
明らかな後遺障害ならば診察を受けるだろうが、微妙だけど後遺障害ではなかろうかというレベルの人達がいることを知って、自分の身体をぜひ役立てて欲しいと思いました。

対面の検査1回、あとは投薬中に2回、投薬休止後1回リモート診察だから非常にやりやすかった。移動せずリモートでドクターと面談するのは初めてでしたが、診療科目によれば非常に有効だと思いました。一部の内科、精神科など。

治験中はとても身体の具合を意識するきっかけとなるため、大集団、長期間さまざまな方が携われば、健康寿命延伸効果もあるのではないか。海外諸国に負けないよう日本国民も献血レベルに協力する文化になるよう企業も働き方を改革して社会全体がメリットを共有できることを願います。

  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • 1回の採血で多くのがんをスクリーニングできる血液検査
  • 新型コロナに関する治験について詳しくはこちら
Top
肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございますボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?