治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

会員向けメルマガバックナンバー

WHAT’S NEW

Jul

3

2024

エラを改善するなら即効性のあるボツリヌス注射を打つという方法も!
NB

スタッフ名:NB

「小顔になりたい」「耳下からあごにかけてのラインをすっきりさせたい」「エラが張ってる」「四角っぽい顔をすっきりさせたい」美容整形なんてちょっと無理・・・と思っている男性、女性の皆さま!

それは骨や脂肪じゃなくて、あごの筋肉が発達してしまったせいかも知れません。

耳の手前側、奥歯のあたりには、咬筋(こうきん)という大きめの筋肉があり、お口の中で物を噛んだりすりつぶす時に活躍します。

この咬筋(こうきん)は、歯をかみしめたり、くいしばったりする癖や、寝ている間の歯ぎしりで、どんどん発達してしまい大きく硬くなるのです。

咬筋が膨らんで盛り上がっているのに、生まれつきの顔の骨格や脂肪だと勘違いしている人も少なくありません。

大きく発達した咬筋を小さく戻すには、マッサージや美容鍼などで咬筋(こうきん)のコリをとってあげる方法や即効性を求めるのなら過剰な筋肉の動きを和らげるボツリヌス注射を打つという方法も。

顔の輪郭を気にされている方は咬筋(こうきん)のコリや発達具合にも注目してみましょう。

 

下顎の筋肉の張り(エラ)が気になる方へ

以下いずれかに該当される方

・下顎の張り(エラ)が気になる方

・下顎の張り(エラ)の写真を提供できる方

是非治験へのご参加をご検討くださ・・・・・

 

ここから先は、ホームページ公開不可の「ボランティア会員」限定公開情報です。
「ボランティア会員」様へは7/03にメールで配信しています。

1分で完了!完全無料の「ボランティア会員」登録はこちら

「ボランティア会員」に登録すると次回の配信メールから「ボランティア会員」限定の最新詳細情報をお読みいただけます。

Index
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 会員向けメルマガバックナンバー会員向けメルマガバックナンバー
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • ボランティア募集キャンペーンボランティア募集キャンペーン
  • ChivonetChivonet
Top
ボランティア会員募集中ボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?