治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ニューイング健康講座レポート

HEALTH COURSE REPORT

第262回 無料健康講座

眼の疲れ「眼精疲労」ついて学びましょう

日時 2020年02月20日 pm2時00分~pm4時00分
会場

ファルマ802 3階 (八王子薬剤センター駅前薬局ビルの3階です)

https://goo.gl/maps/TdbZeFhwpMR2
講座I

眼精疲労について

講師:八王子薬剤センター 石田萌実

眼精疲労とは、目を使う作業を続けることで、目だけでなく全身に症状がおよび、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態です。眼精疲労の目の症状としては、目が重い、目の痛み、目のかすみ・乾き、しょぼしょぼ感、夕方から近くの物が見えづらい、視力の低下、まぶたの痙攣などです。体の症状としては、肩こり、肩の張り、後頭部から首筋の痛み、頭痛、頭全体の圧迫感、イライラ、倦怠感、吐き気などが起こります。眼精疲労の原因として、①パソコンを見続ける目の酷使や、暗いところで本を読むなど環境の不適②ピントが合わない、ドライアイ、白内障や緑内障など目の不具合③ストレスや過労、睡眠不足など心身の悪化などです。症状改善のためには、まず、医療機関を受診し、原因はどこからか、相談してみましょう。 眼精疲労の対処法として、㋑目を酷使した時に、まばたきを意識し休憩をとる㋺蒸しタオルで目の血行を良くし、遠くを見るなど目の筋肉の緊張を緩和させる㋩目の運動・眼球のストレッチを行う㋥マッサージ、ツボ押しをする㋭ビタミン類が多く含まれた点眼薬、ピント調整機能を改善する成分の入った点眼薬を使うなどです。予防としては、作業する環境を整えることが大切です。目の乾燥を防いだり、目を疲れさせない生活習慣を心掛けましょう。目に良い栄養素の食品を積極的に摂ることでも、疲れが改善されます。

講座II

腰痛予防ヨガ

講師:NPO法人八王子市レクリエーション協会 ヨガ講師 朝日智子

腰痛の予防には、正しい姿勢を保つ筋肉の力を鍛えます。まず、ストレッチを行い筋肉が硬直しているのをほぐします。身体から緊張を抜き、背筋や腰を十分に伸ばします。深呼吸を繰り返しながら行い、腹部から血液循環を良くし、腹部を温めて腰回りの筋肉をほぐします。例えば、座位で腰・背筋を伸ばして左右にゆっくりと上体をねじるポーズは、体幹を整え、姿勢を改善し、お腹を引き締め、腰痛緩和に効果的です。

共催 八王子薬剤センター駅前薬局 NPO法人八王子市レクリエーション協会
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 会員向けメルマガバックナンバー会員向けメルマガバックナンバー
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • ボランティア募集キャンペーンボランティア募集キャンペーン
  • ChivonetChivonet
Top
ボランティア会員募集中ボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?