治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ニューイング健康講座レポート

HEALTH COURSE REPORT

第271回 無料健康講座

漢方薬とヨガストレッチで体質改善!心と体のバランスを整えよう!

日時 2023年04月20日 pm2時00分~pm4時00分
会場

ファルマ802 4階研修センター(八王子薬剤センター駅前薬局ビル4階) 東京都八王子市旭町12−1

https://goo.gl/maps/TdbZeFhwpMR2
講座I

漢方薬はゆっくり効く?

講師:八王子薬剤センター 薬剤師 赤澤 真

漢方薬とは、生薬の組み合わせによって作られた薬です。漢方薬の原料を生薬と呼び草や木、動物や鉱物など、自然にあるものです。漢方薬は、さまざまな生薬を組み合わせており、症状を根本から改善していくことが特徴です。有効性が認められた生薬の組み合わせには名前がつけられます。 [漢方薬と西洋医学の違い] 西洋医学は、血液検査、レントゲン検査などで身体の異常を発見します。その異常に対して、直接的に働きかける薬物療法・外科治療など行ないます。人工的に化学合成された物質がほとんどで、その多くはひとつの成分で構成されており、ひとつの疾患やひとつの症状に強い薬理作用を示します。 それに対して漢方薬は、舌、脈、腹部など身体全体の様子、生活習慣、自覚症状などから診て、身体の不調を見つけます。漢方薬は、天然の生薬を使用し2種類以上の生薬で、いろいろな症状にも対応することができます。病気の発症前の “未病”(検査で異常が見つからないが何らかの不調がある状態)の段階で適切な治療を行おうというのが、漢方薬医学の考えです。 ~効果をすぐに実感しやすい漢方薬紹介!~急激な体調の変化に用いられる漢方薬【例】葛根湯(風邪の急性期)芍薬甘草湯(こむら返り)五苓散(頭痛)など身体の状態が「健康」から「不調」に移ったばかりであれば、自然治癒力の向上により体調を改善しやすくなります。 身体に合っている場合はあまり苦みを感じない(おいしい?)そうですよ。

講座II

インナーマッスルを鍛え身体の歪み改善(1)

講師:NPO法人八王子市レクリエーション協会 講師 中西芳子

血液のリンパの流れが悪くなって、肩こり、腰痛、頭痛、冷え、むくみといった症状の陰に、身体のゆがみが隠れていることがあります。身体がゆがんでしまう原因は、日常生活における動作やくせなどが関係しています。 まず、ストレッチやヨガポーズで筋肉や関節の柔軟性を高めましょう。また、深い呼吸で自律神経を整え、さまざまなポーズで身体の循環を改善させ、内臓機能の活性化にもつながります。硬いストレッチボールを腕や足の上でコロコロするだけでも効果的です。ストレッチ・ヨガの実践は、ぜひ会場でご参加・ご体験くださいね。

共催 八王子薬剤センター駅前薬局 NPO法人八王子市レクリエーション協会
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • 1回の採血で多くのがんをスクリーニングできる血液検査
  • 新型コロナに関する治験について詳しくはこちら
Top
肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございますボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?