治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ニューイング健康講座レポート

HEALTH COURSE REPORT

第280回 無料健康講座

気になるお肌の乾燥。学びと体操で改善しましょう!

日時 2024年01月18日 pm2時00分~pm2時00分
会場

ファルマ802ビル4階研修センター(八王子薬剤センター駅前薬局ビル4階) 東京都八王子市旭町12−1

https://goo.gl/maps/TdbZeFhwpMR2
講座I

お肌の乾燥していませんか?

講師:八王子薬剤センター薬剤師 岩田 真味

冬は湿度が低下するため皮膚が乾燥しやすくなります。乾燥を放置していると皮膚の病気に発展することがあります。乾燥を防いで肌のトラブルを防ぎましょう。 【乾燥の症状】肌が白い粉をふいたようにみえ、触るとカサカサ・ガサガサしています。透明感やハリがなくなりシワが出てきます。また、ひび割れが起きてきて悪化すると出血する場合もあります。“乾燥を放置する”と[乾皮症・皮脂欠乏症(皮膚の柔軟性が失われてごわごわになり、亀の甲羅のようなひび割れができ皮がむける症状)]や、[乾燥性皮膚炎(かゆみにより皮膚の掻き壊しによって湿疹や皮膚炎を引き起こす)]などの病気に移行してしまいます。 【乾燥を引き起こす要因】には、加齢・入浴時や洗顔時洗いすぎ、擦りすぎ・長時間、温度の高いお湯での入浴・紫外線・日焼け・ビタミンなどの栄養不足・睡眠不足・ストレスなど多くの要因があります。 【予防方法】としては、次の三つが重要で大切です。 ❶正しい洗顔方法・・・33~35℃熱すぎない水温で洗顔する。洗顔料をしっかり泡立てて、手で直接肌を擦らないようにする。清潔なタオルで軽く押し当てるように拭く。 ❷正しい入浴法・・・40℃以下の水温にする。長風呂せず⒛分以内の短めの入浴にする。ナイロン素材のボディタオルで擦り過ぎない。 ❸正しいお肌のケア・・・洗顔後や入浴後に保湿の高い(ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなど)化粧水や乳液を塗る。水分が蒸発しないようにワセリンやプロペトなど油分を多く含まれているものを塗る。日焼け止めを塗る。 また、バランスの取れた食事も大切です。ビタミンA,E,C,B2、タンパク質、必須脂肪酸などバランスよく取り入れましょう。  ※適切なケアをしても乾燥肌が改善せず、悪化するなどした場合には皮膚科へ受診してくだい。

講座II

血液循環を良くする運動

講師:八王子レクリエーション協会 中西 芳子

血液は、全身を循環して、生命維持において重要な働きを担っています。そのためサラサラな血液であることは、肩こり・腰痛に悩まされないためにも大切です。日常生活の中で、軽い運動を実践し“血行不良を改善”していきましょう。 ①ストレッチボール(無ければテニスボール)を使用し、四肢・体をマッサージするようにこすります。血液の循環が良くなり体が温かくなってきます。 ②深い深呼吸をゆっくりと繰り返します。  ③外出ができないとき、その場足踏みの筋トレを行います。 ④ストレッチなど下半身を鍛えることが大切です。足の筋肉には、上半身に血液を押しだすポンプのような働きがあるため、下半身を鍛えると血液循環が大変良くなります。 最後に、冬の間も水分補給をこまめに行い、脱水に気をつけましょう。

共催 主催:NPO法人ニューイング 共催:駅前薬局(八王子薬剤センター)  NPO法人八王子市レクリエーション協会
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 会員向けメルマガバックナンバー会員向けメルマガバックナンバー
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • ボランティア募集キャンペーンボランティア募集キャンペーン
  • ChivonetChivonet
Top
ボランティア会員募集中ボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?