治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ニューイング健康講座レポート

HEALTH COURSE REPORT

第279回 無料健康講座

帯状疱疹とヘルペスを学んでみよう!

日時 2023年12月21日 pm2時00分~pm4時00分
会場

ファルマ802ビル4階研修センター(八王子薬剤センター駅前薬局ビル4階) 東京都八王子市旭町12−1

https://goo.gl/maps/TdbZeFhwpMR2
講座I

帯状疱疹とヘルペスについて

講師:八王子薬剤センター薬剤師 石田萌実

ヘルペスとは、小さい水ぶくれが集まった急性炎症性皮膚疾患のことです。 ヘルペスは、一般的にヘルペスウイルスによる感染症のことです。 主に【単純ヘルペス(単純疱疹)】と【帯状疱疹】のことですが、別の病気です。 【単純ヘルペス】とは、口唇、顔面、皮膚などに感染して、痛みを伴う小さな水ぶくれ感染症です。 直接ウイルスの付いた粘膜や皮膚に触れるだけでなく、タオルの共有、飛沫などにより感染します。 症状が治った後も、ウイルスが体内に潜み続け、再発の頻度が高いのが特徴です。 【帯状疱疹】は、80歳までに3人に1人が帯状疱疹になるといわれています。 片側の神経に沿って、刺すような強い痛みや、ヒリヒリした感じが続きます。 赤い発疹が出て、発疹の上に多数の水ぶくれができ、また、黄色い膿をもちます。 それが、かさぶたとなり、4~6週間でかさぶたが取れて治っていきます。 [合併症に注意が必要です] 鼻の周囲では、角膜炎・視力障害。耳の周囲では、めまい・耳鳴り・難聴。 また顔面神経麻痺など、頭から顔に発症した場合は、重症化しやすいです。 できるだけ早めに治療を開始することが大切です。 高齢者、皮膚症状が激しい人、体力(免疫)が落ちている人が、帯状疱疹後神経痛になりやすいです。 早期治療と処方された薬をきちんと使用することが重要です。 帯状疱疹の場合は、基本的に2回以上罹患することはありません。 単純ヘルペスには、ワクチンがありませんが、帯状疱疹にはワクチンがあり有効です。 対象年齢は、発症率が増加し神経痛への移行リスクが高い、主に50歳以上とされています。 助成金が出る地域もあります。確認の上、ワクチン接種も検討されてはいかがでしょうか。

講座II

寒暖差によって起こる体調改善の運動

講師:八王子レクリエーション協会 講師 中西 芳子

気温差が大きいと起こりやすくなる症状として、体温を調節する自律神経が過剰に働いてしまい、肩こり、頭痛、冷え性、イライラ、胃腸障害などが現れやすくなります。 予防・改善の方法として、全身のストレッチをすると良いでしょう。 ゆっくりと、深い呼吸をすることは、自律神経を整えることに効果的です。 「耳マッサージ」もおススメです。親指と人差し指で両耳を軽く、上部をつまみ斜め上に、中央をつまみ横に、下部をつまみ下に、3秒間ずつ引っ張り、最後に耳全体をやさしくもみほぐします。 3回繰り返してみましょう。自律神経を整える効果的な方法で、血流も良くなります。 足の裏の「湧泉(ゆうせん)」のツボも体を温める効果がありリラックスできます。 痛くない程度にゆっくり押してみてください。

共催 主催:NPO法人ニューイング 共催:駅前薬局(八王子薬剤センター) NPO法人八王子市レクリエーション協会
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 会員向けメルマガバックナンバー会員向けメルマガバックナンバー
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • ボランティア募集キャンペーンボランティア募集キャンペーン
  • ChivonetChivonet
Top
ボランティア会員募集中ボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?