治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ニューイング健康講座レポート

HEALTH COURSE REPORT

第247回 無料健康講座

寒さに負けない体力つくり!

日時 2018年11月15日 pm2時00分~pm4時00分
会場

ファルマ802 3階 (八王子薬剤センター駅前薬局ビルの3階です)

講座I

下肢静脈瘤について

講師:八王子薬剤センター 薬剤師 松本 知佳

心臓から流れ、酸素や栄養分等を渡し終わった血液は、「静脈」を通って心臓に戻ります。下肢に流れた血液を重力に逆らい心臓に戻す必要があるため、静脈には弁があり血液が逆戻りしないようになっています。弁の機能が悪くなると静脈の壁にかかる圧力が高くなります。静脈壁が伸びたり曲がったり膨れたりして、皮膚の表面に浮き出てきます。これを「下肢静脈瘤」といいます。なりやすい状況や要因としては、「妊娠や出産」「棒立ち状態が多い仕事」「肥満や運動不足」「遺伝的なもの」「女性(男3:女7の割合で多い)」です。治療法には、㋑保存的治療(生活習慣の改善)㋺硬化療法(注射の治療)㋩手術療法㋥血管内治療(レーザー治療が主流)などがあります。下肢静脈瘤は良性の病気なので、命に関わったり、障害が残ったりすることはありませんが、少しずつ進行して、「足のむくみ・腫れ・痛み・だるさ・かゆみ・熱感」「夜間のこむら返り」「皮膚炎(湿疹・色素沈着・皮膚の硬化)」「潰瘍」などの症状が出ることもあります。 気になる方は医師と相談してみましょう!予防や悪化改善には生活に➊❷❸を取り入れてみましょう!! ➊食事・飲酒・運動など、生活習慣の改善 ❷ストレッチの取り入れ ❸静脈血のうっ滞を軽減、静脈還流の促進させる「弾性ストッキングの使用(薬局で入手可)」 

講座II

健康体操 寒さに向かって元気な体作り

講師:NPO法人八王子市レクリエーション協会 指導講師 塩谷 昭子

冬に向かい心配なのは、体の[冷え]です。体が硬くなり免疫力も下がってしまのいます。ストレッチを生活の中に取り入れて、体を柔らかく、筋肉を温めることが大切です。効果的に行うために、一つのポーズを10~15秒続け、息を吐くときに、筋肉がじんわり伸びるのを感じること。どこを伸ばすという目的を意識して行います。全身ストレッチを生活習慣に!!体の内側から温かくなり寒さを乗り切りましょう!!

共催 八王子薬剤センター駅前薬局 NPO法人八王子市レクリエーション協会
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • 1回の採血で多くのがんをスクリーニングできる血液検査
  • 新型コロナに関する治験について詳しくはこちら
Top
肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~74歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございますボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?