治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ニューイング健康講座レポート

HEALTH COURSE REPORT

第253回 無料健康講座

体に新緑の風を取り込もう!

日時 2019年05月16日 pm2時00分~pm4時00分
会場

ファルマ802 3階 (八王子薬剤センター駅前薬局ビルの3階です)

講座I

帯状疱疹について

講師:八王子薬剤センター 小林祐希

帯状疱疹の原因はヘルペスウイルス(水泡・帯状疱疹ウイルス)です。このウィルスは水ぼうそうのウイルスと同じウイルスで、子どもの頃に水ぼうそうを発症し、治った後もこのウイルスは脊髄から出る神経節に潜みます。普段は活動が抑えられているため発症することはありませんが、体の免疫力が低下(加齢・ストレス・疲労・病後など)すると、再び活動し増殖し始め、神経の流れに沿って神経節から皮膚へと移動し、帯状疱疹を発症します。体の左右片方側に出るのが特徴です。3分の1の人は上半身(上肢~胸背部)にみられ、顔や首、頭部、下肢にも現れます。初期症状として皮膚に、ピリピリ、ズキズキ、チクチクと針で刺された神経痛のような痛みや、焼けるような痛み起こります。その後、赤い発疹、水ぶくれ(水泡)が帯状に現れ、痛みが強くなり、3~4週間続きます。50歳以上で発症率が高くなり、80歳までに日本人の約3人に1人が発症すると言われています。子どもの頃に水ぼうそうにかかった自覚がない人も帯状疱疹になる可能性があります。日本の成人のおよそ9割は体内にヘルペスウイルを持っていると言われています。帯状疱疹後の神経痛や合併症・後遺症などがあるので、皮膚科を受診し早期に適切な治療が必要となります。

講座II

健康体操 さわやかボディをめざしましょう!

講師:NPO法人八王子市レクリエーション協会 指導講師 塩谷昭子

若葉の美しい季節、姿勢を正して歩きましょう。片方の踵から一歩踏み出し、つま先に重心を移し脚を伸ばします。その時に、臀部を引き締めます。目線は落とさず、背筋は真っ直ぐに伸ばします。テンポを速めに歩いてみましょう。お腹、ウエストの引き締め体操・下半身を鍛えるスクワット・背部をほぐす体操も加え、全身の代謝を上げていきます。無理なく、日常生活の中に取り入れていきましょう。

共催 八王子薬剤センター駅前薬局 NPO法人八王子市レクリエーション協会
ChivoNet 未来医療子供ボランティアネットワーク 7歳から始める社会貢献活動 詳しくはこちらChivoNet 未来医療子供ボランティアネットワーク 7歳から始める社会貢献活動 詳しくはこちら
Top