治験から健康と創薬を考える全国の治験をご紹介しています

ニューイング健康講座レポート

HEALTH COURSE REPORT

第263回 無料健康講座

そろそろ体、動かしませんか?

日時 2022年07月21日 pm2時00分~pm4時00分
会場

ファルマ802 3階(八王子薬剤センター駅前薬局ビルの3階です)

https://goo.gl/maps/TdbZeFhwpMR2
講座I

骨と食事・運動の関係について

講師:八王子薬剤センター 上田麗子

食事と運動で予防できる骨の疾患―骨粗鬆(しょう)症について学び健康な骨を保っていきましょう。骨粗鬆症とは、骨の強度が低下してもろくなり、骨折しやすくなる骨の病気です。 骨の強度が下がる主な原因としては、コントロールができないもので、加齢・閉経・ステロイド使用・遅い初経・早期閉経などがあります。また、コントロールができるもので、カルシウム摂取不足・喫煙・アルコール多飲・日照不足などがあります。 骨粗鬆症は、自覚症状がほとんどありません。一番問題となるのは、転倒やくしゃみなどのわずかな衝撃でも骨折しやすくなります。骨が折れると重みが生じ、体が動かしにくくなることがあるほか、変形によってさまざまな悪影響がおよぶことがあります。 骨粗鬆症の予防には、バランスの良い食事と適度な運動が効果的です。食事では、骨量を増やすためには、食事から不足しているカルシウムを補うことが重要です。また、摂取したカルシウムを効率よく骨に蓄えるために、ビタミンD・K・Cやマグネシウム・カリウムなどのミネラルの補給も大切です。具体的な各栄養素を多く含む食材では【カルシウム】牛乳・プロセスチーズ・サバの水煮缶・しらす・納豆・木綿豆腐など【ビタミンD】鮭・サンマ・ブリ・真アジ・卵など【ビタミンK】納豆・しそ・モロヘイヤ・パセリなど【ビタミンC】ブロッコリー・赤ピーマン・キウイ・さつまいも・じゃがいもなどです。 運動は、骨に刺激を与えて強い骨を作ることに効果があります。ストレッチ・散歩・ウォーキングや、レクリエーション活動・軽スポーツなど無理のない程度に軽い運動を継続して行うことが大切です。 一度骨折してしまうと日常生活が困難になることや、手術が必要になることもあります。骨量を増やしていくことを日常生活の中で意識して、食事や体を動かして予防していきましょう。

講座II

簡単お手軽ストレッチ

講師:NPO法人八王子市レクリエーション協会 講師 中西芳子

コロナ禍や暑さのために、引きこもってしまう生活が続いています。筋肉を伸ばすための柔軟体操を行い、身体をリラックスさせ体調を整えていきましょう。 まず始めに、鼻から息を吸い、口から息を吐く腹式呼吸に集中します。ゆっくりと数回繰り返し、身体の緊張を取ります。次に、足の指先・足の甲・踵・足裏からふくらはぎ・太もも・臀部などの下半身をマッサージしながらほぐしていきます。上半身では、手・首・肩・頭・背部などの筋肉を意識して揉みほぐして、関節可動域を広げていきます。いずれも、無理せず丁寧に、“痛気持ちがいい”程度に動かしていきましょう。全身のリンパの流れが良くなり、全身からエネルギーが湧き、足や顔のむくみも改善されていきます。 室内においても、水分補給を忘れずに日常生活の中で、ストレッチを取り入れてみましょう。

共催 八王子薬剤センター駅前薬局 NPO法人八王子市レクリエーション協会
  • 肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます肝硬変で線維化してしまった肝臓を改善するお薬の開発が始まっています。18歳~79歳男女の方 B型・C型肝炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)により肝硬変になった患者さま ※その他にも条件がございます
  • 会員向けメルマガバックナンバー会員向けメルマガバックナンバー
  • 治験などボランティアにご協力いただける方募集中治験などボランティアにご協力いただける方募集中
  • ボランティア募集キャンペーンボランティア募集キャンペーン
  • ChivonetChivonet
Top
ボランティア会員募集中ボランティア会員募集中
私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?私達と一緒に、NPO法人で社会貢献に参加しませんか?